アクセス数・順位上昇・SEO

CONCEPT大切にしていること

ホームページは広告ツールの一つです。いくら綺麗なデザインのホームページでも、優れたシステムを用いていたとしても、見てもらえなかったら意味がありません。

アクセス数アップ・順位上昇に関しては、100%お約束できるものではありませんが、現在のサイトの「何が足りないのか」「どの部分が足を引っ張っているのか」を提案させていただきます。

FlOWWebコンサルティングの流れ

An

Google Analytics

Google Analyticsなどの高機能アクセス解析が設置されているのが当たり前の時代となりました。しかしながら、未だにアクセス解析が設置されていないサイトが多く見受けられ、綺麗なデザインのWebサイトも日の目を見ずにいます。

また、アクセス解析が設置されていても、全く閲覧・確認されることのないまま終わっているケースも多いです。アクセス解析は設置しているだけでは「解析」とは呼ぶ事ができません。

pooolでは、Google Analyticsを設置した後に様々な「設定」を行います。これは、「より手軽に」「より詳細な」解析・分析を行うためのものです。

Se

Google Search Console

数年前まで、まだGoogle Search Consoleが「グーグルウェブマスターツール」という名称だった頃、この機能は今ほど重要視されたものではありませんでした。理由はいくつかあるのですが、まず挙げられるのはGoogle Analyticsにおいて、検索キーワードの確認がほぼ不可となったためです。

Google Aalyticsで検索キーワードが確認できなくなった理由として、GoogleやYahooサービスの常時SSL化(HTTPS化)に伴い暗号化されたオーガニック検索キーワード「not provided」が増えたことが挙げられます。

そのため、Google Search Consoleで検索キーワードを確認する機会が増加しました。Analyticsのようにサイト訪問のキーワードは見れないものの、そのサイトがどのようなキーワードでGoogleの検索結果に表示されているのかを確認できるようになりました。

これ以外にもGoogle Search Consoleでは「被リンクの確認」「サイトマップ送信」など、アクセスアップやSEOに必要な機能が充実しています。

Gr

検索順位チェックツールGRC

さて、皆さんは「SEO」という言葉を耳にした事があるでしょうか。おそらく、pooolのホームページにアクセスして、このページを見て、この項を丁寧に読まれているユーザーの方なら耳にした事があると思います。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位に表示されるように対策を行うことを言います。「ググる」という言葉も存在するように、検索エンジンで上位に表示されるとそれだけ「アクセス数」「PV」も増加する傾向にあります。

SEO対策をするためにまず必要なこと。それは「順位を確認する」という行為です。pooolではよくダイエットに例えます。ダイエットに重要なのは「今の自分の体重を計測すること」、そして「何を食べたか記録すること」です。

実は、SEOでもこの毎日の計測・記録が重要で、順位を上げるために闇雲に何か行動を起こしても、それは「対策」とは呼べません。

pooolでは順位チェック専用のツールを使用して365日「1万語以上」のキーワードを計測しています。順位チェックを行い順位に変化があればクライアントに報告します。

PAGE VIEWアクセスアップ・SEO対策の内容

納品

納品時の作り込み

まず大前提に、pooolでは納品時の作り込みを意識します。デザインは綺麗、システムもCMSを導入、しかし中のページが入っていないWebサイトを納品された経験はありませんか?実はこういった例は「順位が上がらない」とpooolに相談されたクライアントによく見られます。

パンフレット・リーフレット・チラシ・現行サイト、しっかり確認します。そして、クライアントからの直のメッセージを、魂をWebサイトに込めます。

文章

ライティング

pooolでは口を酸っぱくして「ライティング」の重要性を訴えています。なぜ、文章が重要なのでしょうか。

私達はWebサイトの制作側に回った時に、どうしても「デザイン性に優れているかどうか」「利便性の高いシステムなのか」ということに目がいきがちです。

しかしながらどうでしょう。いざユーザー側になると、私達はWebサイトやアプリケーションのコンテンツを利用しているのです。コンテンツの大部分は「テキスト」で構成されています。

つまり、優れたデザインも利便性の高いシステムも「箱」「側」という存在でしかないのです。

「文章」を軽視してはいけません。現在ではGoogleも優れたコンテンツを評価するように、アルゴリズムを組んでいます。
pooolではプランニング・ディレクションの段階から構成を組み、プロのライター・エディターがコンテンツを制作します。

内部

内部対策

前述した「文章」も内部対策の一つに挙げられます。決して、文字数が多ければ優れたコンテンツと呼べるわけではありません。しかしながら、有用なテキストが充実していればどうでしょうか?

Googleは検索エンジンに関する様々なアップデータを行ってきました。その結果「人の目で見て有用なコンテンツ」を、検索クローラーによって判別できるレベルになっています。

つまり、私達人間が欲しているようなコンテンツを制作すれば、おのずと順位は上昇することになります。

長文なテキストに、ソースはありますか?根拠は。専門用語は含まれていますか。他のページと類似した内容にはなっていませんか。私達は様々な角度からコンテンツを制作しています。

外部

外部対策

かつて「ブラックSEO」と呼ばれたSEO対策は、別ドメインのWebサイトを大量に用意をして、被リンク作業を行うというものも含まれていました。現在はそういったSEO対策は非推奨となっています。

その後、ホワイトSEOと呼ばれるコンテンツ重視のSEO対策の時代に変わりました。外側のリンクを重視するのではなく、内側のコンテンツ制作を重視するようになったのです。

pooolでは、自主運営の「Webメディア」「ECサイト」をいくつも運営しています。結論から言うと、「被リンク」は有効です。ホワイトSEOでは良質なコンテンツを生み出すことによる「自然発生的なリンク」を得ることを推奨しています。そう、被リンクそのものの価値を否定しているわけではないです。

では、「自然発生的なリンク」の獲得をコントロールする事は不可能なのでしょうか。
pooolでは運営している自主メディアから発リンクを送る事により、クライアントサイトにエビテンスを与えています。

つまり、通常では「自然発生的」なものを「意図的」に生み出しているのです。

電話をかける