マルチデバイス対応

CONCEPT大切にしていること

スマートフォンやタブレットの所有率が増え、私達もPC以外でインターネットを利用する機会が格段と増えました。ホームページ制作する側でもマルチデバイスでの対応が求められるようになって久しいです。

そんな中、ホームページを制作する上で「スマートフォン対応を別途お見積り」などと言われた経験はないでしょうか。pooolでの概算価格・お見積り価格は全て「スマートフォン対応込み」の金額となっています。

TYPEスマートフォン対応について

レス

レスポンシブWebデザイン

現代のWeb制作現場で最もポピュラーな方法でユーザビリティにも配慮したスマートフォン対応です。閲覧しているデバイスのサイズに応じて、表示デザインを変更する(レスポンスがある)方法となっています。

レスポンシブにもいくつかあり、完全にブロックを可変する方法と可変するブレイクポイントを大きく分けて対応する方法があります。前者の方法でないと「レスポンシブWebデザインではない」といった声も聞きます。

制作者以外でも「レスポンシブWebデザイン」という言葉を耳にしたり、口にしたりする事も多いですが、厳密には「レスポンシブ」というワードは、実は方法を表したものではありません。

メディアクエリで、メディア毎にCSSを制御してレスポンシブを実現します。

レスポンシブWebデザインのメリットは多く存在しており、第一に挙げられるのが「URLの統一化」でしょう。これまでは、仮に同一ページであったとしても別のURLを用意する必要がありましたが、レスポンシブでは一つのURL、一つのページをマルチデバイスで閲覧できるのです。

専用

スマートフォン専用サイト

レスポンシブWebデザインとは異なり、スマートフォン専用のサイトを制作します。メリットが多く比較的容易に実装できるレスポンシブですが、全ての目的に利用できるわけではありません。

下記のようなケースでは、レスポンシブで対応できない(対応しない方が良い)です。

  1. スマートフォンに特化したスマホ用のデザイン性が高いサイト
  2. 契約しているASP(アプリケーションサービスプロバイダー)の関係でレスポンシブに対応できない
  3. スマートフォン版は表示を軽くしたい
既存

既存サイトのスマートフォン対応作業

pooolでは、既存PCサイトのスマートフォン化も行っております。つまり、PCサイトがpoool制作の物ではなくても、レスポンシブ化の作業を行う、ということです。

構成やデザイン性によってはお受けできないケースもありますが、「スマホ対応をしたいけれど、今のデザインは気に入っている」というお客様向けのサービスになっています。

電話をかける